三浦カイロプラクティック整体院

〒124-0024 東京都葛飾区新小岩2-9-13
新小岩駅より徒歩3分

お気軽にお問合せください

03-5879-4904
受付時間
10:00~20:00
定休日
水曜・金曜午前・祝日

 

めまい

めまいは、大きく分けて二つのタイプがあります。一つは、自分自身がグルグル回っているように感じる「回転性めまい」で、水平方向に回転しているように感じる場合が大半です。エレベーターに乗ったときのように、すーっと下がっていく感じを訴える患者さんもいますが、これは垂直方向への回転性めまいと考えられています。もう一つは「フラフラする」か「グラグラする」タイプの「非回転性めまい」です。

どちらのめまいであっても、同時に吐き気、嘔吐があることも少なくありません。吐き気や嘔吐はめまいにつきものの症状なのです。

専門的には回転性めまいを『めまい』、非回転性めまいを『めまい感』と呼んで、両方を区別しています。しかし『めまい』と『めまい感』では混乱し、話がわかりにくくなるおそれがあります。そこでここでは、めまいを「回転性めまい」、めまい感の方を「フラフラ感」と呼ぶことにします。

回転性めまいは、突然起こって、ある一定期間だけ持続し、その後はまったく消えてしまうのが普通です。

一方、フラフラ感には、回転性めまいと同じように突然起こり一定期間だけ続いた後に完全に消えるタイプと、いつの間にかフラフラするようになって、それが何か月も、何年も続くタイプがあります。

ですから、めまいはその起こり方と持続の仕方によって、「突発性一過性のめまい(回転性めまい、フラフラ感)と「慢性持続性のめまい(フラフラ感)」の二種類に分けることもできます。

主な種類

良性発作性頭位めまい症

三半規管のなかに、普段は静かにじっとしている耳石という小さな石があります。その石が動き出し、重力によって三半規管内を移動することで、水が動きだ します。その水の動きを神経が感知して脳に信号を送ってしまうため、頭は動いていないのに動いているように感じてしまい、めまいが起こるのです。

 耳石が重力によって三半規管内を移動してしまうのは、三半規管の方向と頭の角度が、重力に対して同じ方向にそろってしまったときです。頭の位置が問題になります。
 そのため、この型のめまいの多くは、朝の起床時に起こります。あわてて起きようとするとまた目がまわるというように、縦方向に頭が動くことによってめまいの「発作」が引き起こされます。
 ほとんどの場合、三半規管のなかでも後半規管内を耳石が動くことで症状が現れます。病名に「良性」とついているのは、これと似た症状を起こす腫瘍などの「悪性」の病気と区別するためです。

メニエール

メニエール病は、良性発作性頭位めまい症とよく似た、回転性のめまいを起こします。しかし原因は異なり、三半規管内の水が増えることによって起きま す。この水は聴覚器官(蝸牛)と共有しているため、メニエール病の場合には、めまいと同時に聞こえの悪さ(難聴)も起こります。

  メニエール氏病の発作は点滴や服薬による治療で一旦は改善しますが、繰り返し起こることが特徴です。
  メニエール氏病とよく似た病気に「突発性難聴」があります。めまいとともに難聴が起き、聞こえの悪さが比較的長く続くものです。

原因と施術方法

めまいの原因として多いのは、ストレス、不規則な生活習慣、女性ホルモンの影響が大きく、中でもストレスが半数以上の原因を占めていると一般的に言われています。
しかしながら、元々の根本原因が体のゆがみから発生している場合も少なくありません。
その根本原因として多いのは、脊椎や骨盤の変異(体のゆがみ)、脳脊髄液の循環不良などです。

カイロプラクティックの本来の目的は、骨格を矯正することにより自然治癒力を高めて神経機能を正常にすることです。カイロプラクティックが精神科、心療内科、神経内科の疾患に有効だと言われるのはその為です。

当院では脊柱や骨盤の矯正により、脊髄に近接する自律神経の調整と頭蓋リズムの調整をおこない根本からの改善を目指します。

お電話でのご予約・お問合せ

03-5879-4904

●受付時間 10:00~20:00

●定休日 水曜・金曜午前・祝日