三浦カイロプラクティック整体院

〒124-0024 東京都葛飾区新小岩2-9-13
新小岩駅より徒歩3分

お気軽にお問合せください

03-5879-4904
受付時間
10:00~20:00
定休日
水曜・祝日

 

更年期障害

更年期は、性成熟期から生殖不能期への移行期(45~55歳)にあたります。

更年期障害は、この時期に生じる自律神経失調症状と精神症状が相互に関係しあって起こる、不定愁訴の総称と考えられます。

主な原因と症状

更年期になると、加齢に伴う卵巣機能の低下によって、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が減り、これが脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。また、この年代の女性を取り巻く家庭や社会環境の変化からくる心理的ストレスが大脳皮質‐大脳辺縁系に影響を与え、憂うつや情緒不安定などの精神症状を引き起こします。

この自律神経失調症状と精神症状が相互に影響し合って、更年期障害の病状を複雑にしています。

自律神経性更年期障害の代表的なものは、顔ののぼせ・ほてり、発汗などの症状です。閉経女性の40~80%に認められ、数年~十数年続き、長期にわたる場合もあります。しかし、そのうち治療を要するものは2割ほどとされています。

精神症状としての憂うつは、閉経女性の約4割に認められています。また、最近の調査では、日本の更年期女性の特徴として、顔ののぼせ・ほてりよりも肩こりや憂うつを訴える頻度が高いことがわかっています。

対策と施術

更年期障害は本人の性格、精神状態、周囲の環境などから影響を受けます。まずは生活習慣・生活環境の改善から始めることが必要です

当院では自律神経の調整を行うことで改善していきます。

お電話でのご予約・お問合せ

03-5879-4904

●受付時間 10:00~20:00

●定休日 水曜・祝日