三浦カイロプラクティック整体院

〒124-0024 東京都葛飾区新小岩2-9-13
新小岩駅より徒歩3分

お気軽にお問合せください

03-5879-4904
受付時間
10:00~20:00
定休日
火曜・金曜午前・祝日

 

腰椎椎間板ヘルニア 

腰椎は5個の椎骨(ついこつ)からなり、上半身を支える脊柱(せきちゅう)のなかでも最も大きな荷重を受けもちます。同時に可動性も大きいため、椎間板の障害を起こしやすい部位です。椎間板ヘルニアは椎間板・線維輪に亀裂が入って、内部の髄核(ずいかく)が脱出して神経組織を圧迫した状態です。

通常、激しい腰痛と片側の下肢痛・しびれ感を引き起こします。疼痛やしびれ感の部位は、圧迫される神経によって異なります。神経症状の強い場合は障害神経の支配筋に運動麻痺を生じます。神経根の圧迫による完全な運動麻痺の回復は困難であり注意を要します。

有病率は人口の約1%とされ、好発年齢は20~40代で比較的若い人に多い病気です。

近年、椎間板から脱出した髄核が縮小・消失する自然消退の過程をとる場合があることがわかってきましたが、いまだそれに要する期間や割合は明らかになっていません。

 

※髄核の脱出の程度が手術による切除が的確と判断した場合は、医療機関をお勧めします。

原因

椎間板ヘルニアは、あるひとつの原因で起きるわけではなく、いろいろな因子が影響して発症します。重労働・喫煙などの環境因子や遺伝的因子の影響があると考えられている一方、スポーツの影響は不明です。

症状

腰痛に続いて大腿から下腿や足部にかけて電気の走るような痛みやしびれが加わってくることが多く、ほとんどは片側性です。この痛みは咳やくしゃみで増悪するのが特徴的で坐骨神経痛の疑いもあります。

筋力低下がゆっくり起きる場合は、腰や足の痛みが軽くなってから膝折れやスリッパが脱げるなどの症状で気づくこともあるので注意を要します。さらに、排尿・排便の感覚がわからなくなったりする場合は、緊急に対処する必要があります。

お電話でのご予約・お問合せ

03-5879-4904

●受付時間 10:00~20:00

●定休日 火曜・金曜午前・祝日